ブックカバーチャレンジ〜3日目 | 札幌のオーダー家具・オーダーキッチンなら家具工房【旅する木】

BLOGブログ

ブックカバーチャレンジ〜3日目

今日紹介する本は

『おおきな木』シェル・シルヴァスタイン/ほんだきいちろう 訳

たまたま今日届いたメルマガに、
「不完全な子どもがだんだん完全な大人になっていくのではなく、完全な子どもがだんだん不完全な大人になっていくのである。」という茂木健一郎さんの言葉が載っていました。

この本は、そんな不完全になっていく人間に全てを与える、おおきなりんごの木の物語です。

少し切なくて、少しほっとする。
5分もあれば読めてしまう絵本ですが、余韻はいつまでもず〜っと残る作品です。

興味のある方は、村上春樹 訳 の『おおきな木』と読み比べてみると、解釈の違いが面白いです。

PAGE TOP