ブックカバーチャレンジ〜7日目 | 札幌のオーダー家具・オーダーキッチンなら家具工房【旅する木】

BLOGブログ

ブックカバーチャレンジ〜7日目

紹介する本は、
『竜馬がゆく』 司馬遼太郎
自分にとって、大きな目標や、超えなければならない壁に立ち向かう時って、「どうせ人間、いつか死ぬんだから」って思うと、気が楽になります。
この本の中には、命を軽んずるのではなく、命を精一杯生き抜くために、命を顧みない幕末の獅子たちがたくさん出てきます。
彼らの言葉がとても子気味いい。
血の気の多い若い時に読むと、心に火がつきます😉
「男子たる者は、自分の人生を一遍の詩にすることが大事だ。楠木正成は一行の詩も書かなかったが、彼の人生はそのまま比類のない大詞編ではないか」

PAGE TOP