男だってイライラするんです! | 札幌のオーダー家具・オーダーキッチンなら家具工房【旅する木】

BLOGブログ

男だってイライラするんです!

最近なんだかイライラしてまして。

って、イメージアップを狙ったブログの出だしではないですね〜(笑)。
まあ、つむじ風通信は、購買意欲をかき立てようというイメージアップを狙っているわけではなく、『旅する木』を作っている僕のそのままを、いいことも悪いことも、日記のように書いているので、このまま続けます。

まあ、女性は周期的にそういう時期があると思います。
僕もこれで何回も地雷を踏んで、痛い目にあってきました…(笑)。

でも、実は男でもそういう周期的に精神的に不安定になったり、イライラしたりすることがあるんだそうです。
あるんだそうです。というか、あるんですよ。いやいや、ほんとに。

まあ、言い訳ですが…。

会社をやっていると、しょっ中、なんだかんだ営業の電話がかかってきます。
「下取りする大型車はありますか?」
「電気をLEDにしませんか?」
「SEO対策しませんか?」
「電気料金安くできますよ。」
「雑誌○○の決算が間近に迫っているので、今だったら安く記事を載せられますよ。」
「コピー機そろそろ新しくしませんか?」
「タウンページのネットバージョンあるのご存知ですか?」

まあ〜、世の中いろんな職種があって、次から次へと営業攻撃を仕掛けてくるものだと感心してしまいます。
余裕がある時はいいのですが。

先日、朝からなんかイライラしていて、自分でもわかるので、毎朝のノンノ(北海道犬)の散歩で神社に行くと、
「なんか今日、イライラしてるんだよね。」

あ、僕は神様を友達だと思ってるので、結構タメ口なんです。
「なんなんだろ?別にイライラする出来事があるわけじゃないんだけど、心が乱れてるんですよね。どうしよう?あ〜、だめだ、今日はできるだけ人に会わないようにします。せめて、一緒に仕事をしているスタッフにはイライラをぶつけないように気をつけますね。」
なんて言って、神社を後にしました。

ところが、そんな日にかぎって、興味の無い営業の電話がかかってくるもので。

「金の相場が上がってるんですよ。ご存知ですか?」
「近所の蕎麦屋は知ってます。ガチャ!」

「S bankの代理店なんですけど、お使いの携帯会社はなんですか?」
「S bankです!ガチャ!」

小一時間にこんな電話が4件もかかってくると、もう、イライラがピーク。
それでも、昔、娘がコールセンターのバイトをしていて、「冷たい態度で電話切られると、凹む」と言っていたのを思い出して、イライラと自己嫌悪の葛藤状態。

こんなんじゃだめだ。気分を変えなきゃ!なんて思っていると、ある女性から電話がかかってきました。
なんでも、家具のお手入れに、なんとか?という環境に優しいものを使ってどうのこうの…というような内容の電話。
全く関係ないわけではないので、話を聞いていると、どうやら今までの電話のように、いかにもテレアポのバイト風ではなく、こだわりのある自分の扱っている商品を、一生懸命アピールしてるんですね。
この商品がどれだけ素晴らしいかを、ゆっくりと、丁寧に、
「あなたは地球に負荷をかける暮らしをどうお思いですか?」
「この○○という商品を使うと、それはそれは家具が喜んで、使う人も喜んで、地球も喜んで…」

例えば僕が興味を持って、自分から聞きに行った講習会だったら、ゆっくり丁寧に説明してほしいと思いますけど、こっちは仕事をしていて、一方的にかかってきた電話で、こんな風に説明されることに、その時の僕は我慢の限界ギリギリの状態だったんですね。
そして、電話の女性が、そんな僕の地雷を踏んでしまうのです。

「うちの社長は大変忙しいのですが、その社長自ら、あなた様の会社にデモンストレーションをしに行きます。」

う〜ん、その時の僕には我慢できなかったんですね〜。
「あなたのウンチクを聞くほど、こっちも暇じゃないんで!あなたみたいな人を、時間泥棒っていうんですよ。ガチャ!」

電話を切った後、作業に戻りながら、なんか、すごい自己嫌悪に。

大人気なかったな。別に憎まれ口叩かずに、
「すみません。興味ありません。」
とか、
「素晴らしそうですね。でもうちもいいやつ使ってるんですよね。ありがとうございます。」なんて対応すればよかったな。
とか、
「お客さんにはいい顔して、営業マンには素っ気ない態度とるなんて、それでいいのか?須田修司!」
なんて考えが頭をグルグル回るんです。

とにかく気分を変えよう。なんて思って、外に出てみると、いつの間にか、さっきまで降っていた小雨が止んでいました。
ん?この雰囲気は?
そう、虹が出る雰囲気だ。なんて思ってしばらく見ていると、案の定、小さい虹が現れました。

大きくなれ〜!アーチになれ〜!なんて思っていたんだけど、そんな風にはならず。
「まあ、今の俺にはこれくらいの虹がちょうどいいか。」
なんて思いながら、小さく消えそうな虹を眺めていると、今日に限って、立て続けに営業の電話がかかってくるなんて、もしかして実はみんな神様で、スタッフに当たるイライラを、全部引き受けてくれたのかも?
なんて都合の良い解釈をするほどに、気持ちが落ち着いてきました。

そういえば今朝、神様に、「今日はできるだけ人に会わないようにします。」って言ったんだよな。実際イライラをぶつけた相手はみんな電話だったし。
あの女の人も神様で、最後にイライラを発散させてくれたんじゃないか?なんて思うと、今度は感謝の気持ちが湧いてきて、「よし、お礼をしに神社行こう!」と、行ってきました。

境内に立って、「神様、僕のイライラを鎮めてくれてありがとうございます!」っと言って鈴を鳴らす紐を握った時、なんか変な感触が。
慌てて手をはなして紐を見ると、なんと、カメムシも慌ててる。
手の匂いを嗅いでみると…。
「マジかよ〜!いや〜、マジかよ〜!」

結局イライラして神社を後にしました。
まだまだだな。須田修司。

PAGE TOP