神々の棲む場所 のはずが… | 札幌のオーダー家具・オーダーキッチンなら家具工房【旅する木】

BLOGブログ

神々の棲む場所 のはずが…

最近、毎週のように、週末は川に行きます。
カヤック に乗って、川下りを楽しんでいます。
この夏、北海道は異常なほど暑く、川遊びは最高でした!

約30年前、学生の時、北海道を旅している時に出会った2つ上の先輩がカヌーで川下りの旅をしていて、それがカッコよくてね〜。バイトして僕も組み立て式のカヤック(ファルトボート)を買って、学校をサボっては、阿賀野川(新潟県)の中洲まで漕いで、本なんかを読んでいたものです。

”憧れの北海道の、憧れの釧路川を、一人で下る!”

それが、当時の僕にとっては人生を賭けるくらいの大冒険で、屈斜路湖から海まで、釧路川全域の25,000分の1の白地図を買って、八畳一間のアパートの部屋いっぱいに広げて、等高線を読んで(読んだような気になって)、ここでキャンプをしよう!なんて計画を立てている自分に、「俺ってカッコいい。」なんて酔いしれていたものです(笑)。。

その夏、カヤック にキャンプ道具を積んで、実際に下った釧路川の美しさ、ドキドキ、キャンプで作ったインスタントラーメンの美味しさ、海が見えた時の興奮は今でも覚えています。

それから徐々に激しい川遊びにハマって、東京に住んでいた頃は一年中、御岳、長瀞に通い、金曜日に台風が来て、土日、台風一過で晴天、川は大増水。なんてのが最高!なんて感じで、ウハウハ言いながら遊んでいましたね〜。
北海道に住んでからも、春先から雪が降るまで、南富良野のシーソラプチ川や、三笠の幾春別で遊んでいたものです。

ところが、独立してからは、なんか、遊んでいる気持ちになれなくて…。
遊んでいる最中に、もしかしたら工房にお客さん来てるかも?なんて思うと、落ち着いて遊んでいられなくて、川から遠ざかってしまいました。ちょうど子育ても忙しい時期でもあって。17年も…。

ところが最近になって、ある日、ふと気づくのです。
今までは全く目に止まらなかったのに…

平日の午前中とかに、ファミレスに行くと…
1席ごとに1人の新聞を広げた定年退職したくらいのおじさんの姿。

ちょっと調べ物があって図書館に行くと、やっぱり一人と思われるおじさんたちの新聞を読んでいる姿。

ヤバい!俺もこうなる…。。

それに比べて、おばさん方は大抵、3,4人で楽しそうにお喋りしてるんですね。

そっちの仲間に入れて欲しい〜(笑)

真面目に仕事ばかりしてきたけれど…。このままでは趣味もなく、寂しい老後が待ってる…
と思ったら、なんか妙に焦ってきて(笑)

それで慌ててホコリかぶったカヤック を引っ張り出してきて、カヌークラブに入って、川遊びを復活させたわけです。

”昔取った杵柄”というやつですね。体力は落ちていても、技術的なことは、それほど衰えてはいないものなんですね。

美しい風景の中を、綺麗な水の上を滑るようにカヤック を漕いでいると、心の中から喜びが泉のように湧いてきます。

そして、ゴーっというホワイトウォーターに突入する時の、頭が真っ白になる瞬間と、湧き上がるアドレナリン、乗り切った後の達成感、興奮は、なんか「まだまだ、俺は行けるぜ〜!」なんて勇気づけられる感じがして、いいんです!

昔は僕は、単独が好きで、川にはいつも一人か、2,3人の少人数で行っていたのですが、今はカヌークラブのメンバーと楽しく遊ぶのがいいんです。

危険が伴う急流での川遊びは、最近の若い人には受けないのか、クラブのメンバーは僕が若手の方。

諸先輩方を見ると、70代なのに、全くそんな風には見えない元気でパワフルな激流大好きな人、今はコロナで行けないけど、毎月、海外旅行に行く人、ポルシェにカヤック を積んでくる人、マグロを食べたいと言って、マグロを釣りに行き、イカを食べたいと言って、イカを釣りに行く人、土曜日山登りして、そのまま、日曜日は川下りを楽しむ人、カヤック に愛犬を乗せて川下りをする人、趣味で作曲をしている人、男性陣に見劣りせず、激流大好き主婦などなど、人生を楽しむ天才ばかり。

そうか、こんな生き方もあるんだ。
そうだ。こんな生き方でいいんだ。
そうさ、こんな生き方をしたい!

なんてその人たちと話をしていると、なんか、元気が出てくるんですね。
もちろん、仕事は一生懸命やる。
そして、仕事以上(?)に情熱を持って遊ぶ!
人生、楽しまなきゃ!

そんな当たり前のことを、当たり前にやっている人たちを目の当たりにして、なんか僕の中で、新しい価値観が生まれつつあるのが嬉しいんですよね。

新しい価値観?
いや、昔はそんな生き方の先頭を行ってたんだけどなあ。独立して、不安に飲み込まれて、遊ぶことを封印して、忘れてしまっていたな。

カヤック に夢中になっていた昔の僕が、今の僕を助けてくれている感じがしています。
だから、今の僕は、これからの僕の助けになれるように、一生懸命仕事をして、一生懸命遊んで、いつも心地よくいようと思います。

今日は石狩川の神居古潭を下りました。
ここはアイヌの聖地、神々の棲む場所、心霊スポット?
本当は今日のことを書こうと思って、ブログを書き始めたのですが、僕の昔話で終わってしまいました…。。

神居古潭の話はまた近日中に!

最後、興味のある方は、下の写真をクリックして下さい。
急流、石狩川大函小函を下っている時の動画です。
30度越えの中の、ホワイトウォーターの水しぶきが気持ちよかった♪

愛してる

 

PAGE TOP