神様からのお墨付き!名付けて”ないない経営” | 札幌のオーダー家具・オーダーキッチンなら家具工房【旅する木】

BLOGブログ

神様からのお墨付き!名付けて”ないない経営”

元旦の朝、『地球を彫刻した』イサムノグチの作品である、札幌のモエレ沼公園のモエレ山からの初日の出です。

新年、あけましておめでとうございます。

って、もう正月気分は抜けてますかね?
遅れまして、ご挨拶をさせて頂きました。

旅する木を立ち上げて、16回目の年初めを迎えました。
なんか信じられないですね。
16年目に突入です。

正月なので景気良く、ちょこっと、軽く自分を誉めさせてもらいます…。

大小関わらず、会社を立ち上げて、10年後に生き残っている会社は、1割なんですって。
20年となるとさらにその半分以下の0.3割なんですって。

とりあえず1割の枠には残って、3厘の枠への折り返し地点といったところです。

過去のブログを読み返してみると、新年の挨拶にはその年の目標とか、指針を語っています。
そうそう、創業から3年間は、ここ、当別ではなく、札幌の東区の外れの玉ねぎ倉庫を借りてやってたのですが、その工房の壁には、目標、やりたいこと、欲しいものなどを箇条書きにして目のつくところに貼っていたものです。

振り返ると、そのほとんどが叶っているから不思議です。

それじゃあ、今も続けてやればいい!
と思うのですが、ここ数年、心境が変わってきたているんですね。
目標を設定して、その目標に向かって自ら突き進んで未来の扉を開けていく!という気持ちがほとんどなくなっているんです。
経営者として良いのか?悪いのか?

ここ数年の僕の気持ちは、「神様、あなたの表現したいことに、僕を使ってください。そのための努力は惜しみません。」という感じですかね。

”神様”というのは、そのまんま偉大な存在の”神様”であったり、僕専属の守護霊というか、僕を守って導いてくれている存在であったりするのですが、そのような存在がなければ、僕がここまでやってこれるわけがないわけで。
もう夢は叶いました。これからは全てを委ねますので、自由に僕を、旅する木を使ってください。
という感じ。

なるべく、目標を掲げない。作戦を立てない。戦略を練らない。頭を使わない。
名付けて、”ないない経営”!(笑)
です。

『出会うべき人とは、出会おうとしなくても、出会うはず』
ということで、創業以来、一切の営業をせず、有料の広告は出さず、ただひたすら”待つ”姿勢でやってきた旅する木は、その姿勢をさらに進化?なのか、退化なのか解りませんが、

『旅する木がするべき仕事は、しようとしなくても、せざるを得なくなるはず』

というところです。

なので、テレビでよく見かける、仕事始めに社員の前で、社長が語る、「今年の我が社の目標は…」
というような場面。
一応旅する木も仕事始めの6日の朝、工房に御神酒を撒いて、自分たちも一口戴いて、さあ何かそれなりのことを言わなきゃ。という場面で。

「今年の旅する木は…

神のみぞ知る!です。普通社長がこんなこと言うと不安になるかと思うけど、俺が考えるよりもは安心だから。」

こんな旅する木ですが、今年もどうぞよろしくお願い致します。

ああ、僕が思う神様は?
白い服を着て、長い髭をはやして…
というわけではなく、
普通の人として、現れてくれると思っています。

今思うと、あの人も、あの出来事も、ああ、あの一言も神様だった。

そう、あなたが、そしてあなたが意識せずにもたらしたものが、あなたが何気に発した一言が、僕にとっての、旅する木にとっての神様かも知れません。

今年もそんな出会いを重ねたい。

 

っと、実はブログを書き始めたとき。

今回はお正月の記憶として、初めてのバイトが、高校1年の時で、郵便局で、年賀状配達だったので、そのことを書こうと思って書き始めたのですが…。

全然違う内容になってしまいました。

これって神様のお導き?
旅する木の経営方針がこれでOK!
ってこと?

ですね!

神様、ありがとうございま〜す!

PAGE TOP