Love & Beans part2 | 札幌のオーダー家具・オーダーキッチンなら家具工房【旅する木】

毎日の料理が楽しくなる、
旅する木のオーダーキッチン

PRODUCT作品紹介 / テーブル

Love & Beans part2

やっぱりダイニングテーブルは無垢がいい!
無垢のダイニングテーブルは”優しさ”の象徴だと思うのです。部屋の中心、生活の中心に堂々とした”優しさ”を。
『家具工房旅する木』のテーブルは表面をカンナで仕上げています。サンダー仕上げが一般的な現在、何倍もの
手間をかけて、一枚一枚、丁寧にカンナをかけています。仕上がった時、何とも言えないしっとりとした手触り感が
あるのです。毎日、そして一生使うものだから、本当に良いものを‥。。

GALLERYギャラリー

ハートと豆のテーブルを製作しました。

ハートはウォールナットで。

美しい曲線美♪

ビーンズはチェリーで。

ハートもビーンズも、それぞれ長い脚と短い脚を用意して、 ダイニングテーブル、リビングテーブルとして使えるように。

ハートと豆=Love & beans の組み合わせ

ついつい撫でたくなるような、 綺麗な曲線。

FEE料金について

天板の厚さ 38~42mm価格表

ナラ

ウォールナット

ウォールナット

W  ~140cm×D85cm

260,000

260,000

260,000

W  ~160cm×D90cm

290,000

290,000

290,000

W  ~180cm×D100cm

340,000

340,000

340,000

W  ~200cm×D120cm

380,000

380,000

380,000

W  ~220cm×D130cm

430,000

430,000

430,000

W  ~240cm×D140cm

480,000

480,000

480,000

W  ~260cm×D150cm

570,000

570,000

570,000

W  ~280cm×D160cm

670,000

670,000

670,000

ビーンズ  :アメリカンブラックチェリー
サイズ(大):W1250×D730×H680/H350
ハート   :ウォールナット
      :W800×D600×H680/H350
天板厚   :40ミリ
仕上げ   :旅する木オリジナル塗料使用

Love & Beans table part 2

色んな組み合わせ可能な、美しい豆の形をしているテーブルと、可愛らしいハートの形をしているテーブルのセットです。

とても美しい優雅な曲線と、美しい木目、優しさと品格を兼ね備えた、美しく癒されるテーブルです。

時と、気分と、集まる人に応じて形を変えるのが、とても楽しみなテーブルです。

【Love & Beans table part 2】はこうして生まれました♪
 愛媛県にお住まいのIさんから、メールを頂きました。

新築のマンションを購入し、そこに置く家の顔になるような、柔らかく優しい感じのテーブルをネットで探していて、

旅する木のHPに巡り会い、「!!」と来たそうで、ご連絡を頂きました。

遠方というとこで、連絡するのをためらっていたそうですが、

+++++++++++++++++++++++++++++++++

正直なところ、遠方過ぎて作品を見に行けないことが不安で、
メールするのもためらったのですが、
ホームページでもメールでも
丁寧なお仕事と親切な応対が十分に分かりましたので、
今は、やっぱりご連絡して良かったと思っております。

希望をすべて叶えてくれるテーブルができそうで、
ワクワクしてしまいました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

という嬉しいメールを頂き、打ち合わせがスタートしました。

 形状や、使用方法、樹種など、何度もメールでやり取りしたので、お会いしたことはないのですが、

とても親近感が沸き、喜んでいる姿を想像しながら、製作しました。

 完成した家具を愛媛県に送った後届いた、届きましたメールには、部屋に置かれたテーブルの写真を

添付して下さりました。

そこには僕も大好きなギャベが敷かれていて、思いがけない繋がりを感じ、嬉しくなりました。

 Iさん、遠方にも関わらず、旅する木に出会ってくれて、信頼し、家具を製作させて頂き、感謝しております。

製作したLove & Beans が海を越えて、愛媛県に旅立ち、使われていると思うと、なんだか不思議な感じになります。

本当にありがとうございました。

[嬉しいメールを頂きました。]

待ちに待ったテーブルがはるばる海?ノ空?を旅してやってきました!!

かわいいです。

須田さんが愛らしいとおっしゃっていた意味がよくわかります。

木の香りノ工房の香り?(^^)がします。

はやくもビーンズの窪みの辺りが私の特等席になりそうです。

ブラックチェリーは色が変わっていくんですよね?

日々いい色に変わっていくように、大切にします。

Iさん、ありがとうございます。北海道に遊びにきた際は、是非工房に遊びに来て下さい。
お会い出来る日を楽しみにしています。

OTHERその他の テーブル

PAGE TOP