bar cabinet | 札幌のオーダー家具・オーダーキッチンなら家具工房【旅する木】

PRODUCT作品紹介 / チェスト

bar cabinet

ネットで興味を持ったという、ニューヨークにお住まいのアメリカ人から、メールを頂きました。

ワインが趣味ということで、ワインを収納するためのキャビネットを依頼されました。

ダイニングテーブル、椅子同様、ウォールナットと金属を調和させてということで、取っ手と脚を金属にしました。

実は外国人の方が日本人の僕に家具を注文すると言うことは、かなり”和”な雰囲気を求めていると思い、

格子の扉とか、障子戸のものなど、6,7案デザインした中で、一番和風っぽくないものを選ばれました。

天板はウォールナットの無垢板を使い、ダイニングテーブルと統一感があるように、「ちぎり」を埋め込みました。

細かい打ち合わせをし、家具の内部は、ワイングラスを逆さまに吊したり、ワインをコルクが湿った状態で

保存出来るようにしたり、かなり手の込んだ細工をしました。落ち着いた、高級で大人の雰囲気を感じさせてくれます。

GALLERYギャラリー

FEE料金について

樹種   :ウォールナット

サイズ  :W2400×D500×H800

仕上げ  :ウレタン塗装

NYシリーズ]はこうして生まれました♪


 HPをご覧になったというニューヨークにお住まいのアメリカ人から連絡を頂きました。
マンションのリフォームにともない、オーダーで家具を製作して欲しい。ということで、
条件はウォールナットと金属を巧く融合し、「ちぎり」を埋め込んで欲しい。ということでした。
 ダイニングテーブルと、それに合う椅子6脚、その他TVボード、ワインボードのデザインを依頼されました。
 最初、わざわざ日本人に依頼するということは、とても”和”な雰囲気の家具を探していると思い、
そのような提案をしていたのですが、その後のメールでのやり取りで、それほど”和”にはこだわっていないようで、
木を引き立たせる様な金属の使い方を心がけ、デザインしました。
 デザインをとても気に入って下さり、正式にご注文頂いたのですが、海外とのやり取りは経験が無く、
輸送、輸出手続き、送金など、不安なことがたくさんありました。
 製作においても、金属の知識は乏しいので、金物屋さんを捕まえて質問したり、実際に金属の椅子を研究したりして
加工を進めていきました。
 オーダーなので、身長や、体重、ボードの中に入れるものと、その大きさ、重さ、扉の開閉の向き、置く位置など、
細かい質問をし、より使いやすいように工夫していく姿勢を、とても喜んで下さり、海外という距離を超えて、
信頼して下さっていました。
 製作が終わった頃、待ちきれなくなり、なんと工房へ見に来て下さったのです。家具をご覧になるなり、
「パーフェクト!」と言って、何度も親指を立てた拳を僕に向けて来てくれました。
 NYのマンションからは、マンハッタンの夜景が一望できるのだそうで、その大きな窓のあるリビングに、
『旅する木』の家具が置かれるんだそうです。「家具が入ったら見においで。」っと言ってはくれましたが、
出来ることなら、2.4メートルもあるワインを入れるボードの中にでもこっそり入って行きたいものです。
 それにしても、『旅する木』の家具が、NYに旅することになるとは想像もしていませんでした。
いつか納まった姿を見てみたいなぁ。とりあえず、異国の地で喜ばれてこいよ~。いつか会いに行くからね~。
と声をかけながら梱包しました。

OTHERその他の チェスト

PAGE TOP