札幌市 W邸 | 札幌のオーダー家具・オーダーキッチンなら家具工房【旅する木】

毎日の料理が楽しくなる、
旅する木のオーダーキッチン

PRODUCT作品紹介 /

札幌市 W邸

札幌市 W邸 キッチン(リフォーム)

ほぼ新築に近い家全体のリフォームに伴い、キッチンを製作させて頂きました。
キッチン全体のイメージは、工房のカフェのキッチンをご覧になり、とても気に入って下さり、
「こんな雰囲気で。」ということで、チェリーの木のキッチンに。

いろいろこだわりのあるキッチン用品を持っている方で、打ち合わせは、一つひとつそれらの寸法を測り、
それをどこに配置していくか。どこが使い勝手が良いか。など決めながら設計していきました。

表面に機械的なものが一切見えないASKOの食器乾燥機は、初めて扱ったのですが、とても良いですね。
容量も大きくて、洗い物が多い方にはお勧めです。

キッチン収納も持っている機材を整然と並べられて、引き出して使えるように工夫するなど、
キッチン全体が、随所にオーダーならではの仕様になっています。

GALLERYギャラリー

ほぼ、新築に近いリフォームに伴い、キッチンを製作させて頂きました。

キッチンが空間の見せ場なので、ちょっとアクセント。

小物を置いたりするスペース

もちろん、木目は綺麗につながっています。

オーダーなので、入れる物に合わせて引き出しのサイズを決めています。

一番向こうは燃焼機付きゴミ箱、その手前は圧力鍋、 その手前は下からボール等、背の高い調味料、背の低い調味料など。

ここには米びつ。 という具合に、入れる物に合わせて引き出しのサイズを決めています。 オーダーならではですね。

ご主人がネットで買った水栓器。

おシャレ~! もちろん、ステンレスシンクも特注。

ここはどんな大きな物が入るんだろう?

なんと、大~きな食洗器。

表面に一切、機械感を出さない。ASKO社のもの。 これは素晴らしいです。

説明書には、配管は全て本体の横にスペースを設けるように指示されていますが、 スペースがもったいないので、本体の後ろに持ってきて、 後ろのパネルを外してメンテナンスが可能にしました。 このようなイレギュラーな使い方もオーダーならではです。

キッチン収納。

収納力、バツグン!

レンジ、炊飯器、トースターが引き出して使えるように。

もともと使いやすいキッチンを。というお話しから、 家全体のリフォームに。 建築家ともに、 キッチンが見せ場の素晴らしい家、素晴らしい空間になりました。

FEE料金について

キッチン

樹種   :アメリカンブラックチェリー

サイズ  :アイランド  2750×700×H880

     :キッチン収納 1500×470×H2400

[札幌市 W邸 キッチン(リフォーム)]はこうして生まれました

「キッチンのリフォームをして、使いやすいキッチンにしたい。」というご要望でWさんご夫婦が工房に来てくれました。
最初はこのようにキッチンだけのはずだったのですが、話しが進むうちに、お子さんの事も考えて、家全体のリフォームに。
本間デザインコンサルタントの本間さんが入り、出来るだけコストをかけずに、住みやすい空間を苦心してプランしていました。

ありがたいことに、Wさんの絶対外せない要望の中に、「旅する木のキッチン」が第一条件に入れられており、
家の設計の打ち合わせにも参加させて頂き、奥様のご要望を聞き入れながら、一つひとつ確認しながら、キッチンの設計を
すすめました。 

ご主人が、機材などにとてもこだわる方で、ネットで色々探して選んで来て、「これは入れられますか?」と。
水栓器も、食器乾燥機も海外製のもので、扱った事がないので、いろいろ調べて、メーカーに問い合わせしたのですが、
メーカー側は当然ですが、カタログ通りの返事しか返ってきません。
後は自分で判断して、「いけるはずだ!」とイレギュラー的な使い方をしたので、実は実際に使えるかどうか確認するまで、
ちょっと心配だったりして。
そのお陰で、収納スペースが広く取れて、奥様のこだわりのキッチン用具をきちんと収納できるスペースを確保できました。

引き渡しの時、ご夫人も奥様もとても、家全体、そしてキッチンを喜んでくださり、何度も「素晴らしいキッチンを製作
してくれて、ありがとうございました。」とお礼を言って頂きました。

Wさんのこだわりのお陰で、今まで扱ったことのなかったもの、そして知らなかったことなどを勉強しながら製作できたので、
僕自身、知識の幅が広がり、次のお客様への提案出来る幅が広がりました。
ありがとうございました。

それにしても、リフォームなのに、新築以上に良い建物、空間になったのには驚きました。

OTHERその他の

PAGE TOP